Windows Vistaテスト

 仕事のことで色々と凹んでますが、いい気分転換もないので、ちっとは更新します。
 Windows Vista。ビスタ。ナビスコ。
 こいつぁかなりマズイね。Windows Vista Businessで色々テストしたんだけど、不便極まりない。
 例えば、ユーザーアカウントの変更。Administratorを別名に変えようと思って変えたつもりが、『名前』が変わっただけでAdministratorは変わらないらしい。なんじゃこりゃ。
 次にMTU調整が完全自動にされていること。どんなに弄っても1500をキープ。都合上、色々試せてないのですが、自動の癖に光プレミアムの1438固定とかまるで調節できないお間抜け。試してないがジャンボフレームも強引に1500流しかねない。
 更に言わせてもらうと、うちはデュアルネットワーク環境で、内LANと外LANがあるんだけど、これをNIC別にプロトコルを分離して扱うことが出来ない。もしかしたら出来るのかも知れないけど、少なくとも画面レイアウトがNIC/NIC/プロトコルって切られてたら、両方ONか両方OFFしか出来ないのだと思うのだが。
 それ以外は言われているほど重くない。実のところAero以外は大して変わらないと思う。むしろGPUを介す事によってGDIの描画より気持ちよく感じる。
 あと、I/Oの優先順位付けされているせいか、裏の作業があっても、クロックの割にスムースだ。
 職場のPCがAthlon64 X2 4200+なのだが、このクライアントPCの方が遥かに軽快なのはやっぱり調整の賜物だと思うわけですよ。
 と言うことを振り返ってみると3rdPCにテスト的にVistaを入れてみたものの、ウチでは『使いものにならない』という結果に至りました。まあウチの環境がかなり特殊であるというのもあるんだけど。
 OSの素材自体は悪くない。ただ、これが2000からの進化ですって言えるかどうかはかなり微妙と言わざるを得ないな。あと2年は普及がかかると思ったけど、4年くらいかかりそうだ。

コメント

このブログの人気の投稿

カスタムメイド3D2用プラグインを作りました

VyOS 1.1.1とSoftEther VPN Serverで自宅VPN最速設定

プロバイダをオープンサーキットからIIJへ変更