ネイティブIPv6への道

 GW前にコレガ様に「ウチのハブがIPv6通らないんですけど」って言ったら、ちゃんと検証して返答してくれた。懇切丁寧に答えてくれたので、さすがネットワークメーカーだと感じた。
 結果からまず言おう。ジャンボフレームのハブでもIPv6は通る事が判明。それも、メーカーからの懇切丁寧な説明をもらう前日に解決。ちょっと悪いことしたなあと思ったけど、専門家の意見が聞けて良かった。

 さて、では何故IPv6が通らずにIPv4トンネリングで通っていたのか。これは一言で言うと、Windows Server 2003側のIPv6設定が上手くいってなくて、IPv4でしか応答していなかったからだった。んでフォールダウン。
 IPv6の本を探すもあまりいい本が田舎では見つからなくて、かといってamazonで本を選ぶにも見てみないと微妙なので悩んでいたところでした。
 そんな状況でこのサイトを発見。自分のサーバー設定がまだまだ甘い事を知る。というかIPv6の情報が少ないんだよーー。このサイトの作者に感謝。

 で、実際に使用してどうなったかというと、かなり快適。Vista自体がプロトコル周り新規に作り直してくれたお陰でかなり快適に動くようになってる。ジャンボフレームも働いているしな。
 ただ、問題が全くないという訳でもない。何かというと、IPv6を追える簡単なフリーソフトがまだない(と思う)事だ。tcpmon.exeではIPv4しか終えないので、IPv6での通信は見えない。グラフでは転送があがってるのは見えるけどね。
 あと、IPv4とIPv6のデュアルスタック構造で両者構成してあるので、IPv6以外は今までとなんら変わらないところも面白い。
 foobar2000などでネットワーク越しに音楽再生などしてるけど、この辺りも快適に通信してくれる。こっちはtcpmon.exeで追跡が可能だ。もう一方で、サーバーにリモート接続をする。こっちはIPv6に対応しているようでパケットとしては見えない。
 それでも快適でいい感じに通信してくれている。これならIPv6も悪くないな、というのが最終的結論。
 CIFSってIPv6対応してくれないのかな。Longhorn待ちなのかも知れない。

 という訳で、IPv4メインのネットワーク系の仕事は、残り物で組む予定のXPに任せて自分はVista継続テストを続けて行きたいと思う。

 ……ん?foobarはファイル見るだけだから、CIFSだけの問題なのか。
CIFSでIPv6転送できないか考えてみるか。
 と、今調べたらCIFS(SMB)系のブロードキャストの都合上IPv4にしか出来ないらしい。その代わりに今LLMNRという機能がLonghornに載るから待てという事だ。
 暫くファイル転送関係だけはIPv4だな。それはそれでデュアルスタックが有効に働いているのが分かるので嬉しいには嬉い。

コメント

このブログの人気の投稿

カスタムメイド3D2用プラグインを作りました

VyOS 1.1.1とSoftEther VPN Serverで自宅VPN最速設定

プロバイダをオープンサーキットからIIJへ変更