IPv6問題とサーバー移設、ReadyBoostと新!?PC

 まず、IPv6環境について。色々とややこしい事を先日の日記に書いたが、この問題のほとんどはフレッツ・光プレミアムのせいで、通常の環境では問題にもならないと言う事だ。もう少し話すと、光プレミアムはご存知の通りIPv6ネイティブ(+IPSEC)でパケットを通してる。これが厄介で、このIPv6はそのままインターネットに繋がっているわけではなく、NTT網内のみという限定モノである。従って、家側をIPv6にしてDNSを通じて世界に出ようとしてもNTT網内には存在しない(事の方がほとんど)なので、通信できない。しかも『到達できなかった』という通告すら返さずに捨ててしまっているようだ。これが最大の問題点。いくら待ってもタイムアウトすらしないで待たされる事になる。
 もう一つの問題は、CTU設定(※一般的にはブロードバンドルーターに当たる)がNTT網局内に存在する事だ。しかもコイツにアクセスするアドレスをIPv6のDNSで通すと、恐らく設計したであろう会社にたどり着く。要するに、NTT網のDNSにその辺の設定ページのURLを投げてはいけないのであった。
 このために、見た目はIPv6でNTT網に投げるように見せかけて、先に自前のDNSサーバーにアクセスさせる。そしてIPを差し替えて、本来のアドレスへ到達させる。これでフレッツサービスの大半の問題は解決した。
 しかし、CTU設定のページだけは指定のIPv6アドレスで接続するとCTUエラーと認識し、再起動を促してくる。しかも再起動できない。なんだこりゃ。
 そんな訳で、CTU設定のページのみIPv4のアドレスのみ登録することで回避。でもこれじゃIPv4→IPv6→IPv4という悲しいロスが生じる。とはいえ、それはIPv4でのみくみ上げたXPだけだけどね。サーバーとVistaはIPv6からスタートするので、IPv4に落ちるだけである。
 そう考えるとロスはあまりないように感じる。それよりも、西NTT網のどこかからポート139とか445とか流れてくるのを見ると、これを生かす手はないのかと考え始めてる。何しろISP代かからないし、ネイティブIPv6だし。

 余談。VistaのTCP/IP周りはほとんど一から書き直されているようだ。IPv6ネイティブ対応のために中間層をIPv4と共有するレイヤーを設けている。このため、XPでIPv6を使用するのに比べ遥かに効率がいい。あと、転送サイズ(MTU、RWIN)などの自動設定。これも繋がっているセッションによって自動的に変えていくのが判る。要するにどのサイトへ接続するにしても、暫く接続すると最速な設定に書き換えて行くのが判る。更に言うとその自動設定にも関係あるんだが、そのレイヤーが恐らくバッファ的管理もしているようで、送られるパケットサイズが中途半端なものがない。光プレミアムだとMTU1380なのだけど、それ以下のパケットが送られるのは最後か、一旦通信が途絶える状況以外には基本的にない。これによって通信がとても美しく無駄なくしかも速く行えている。もちろんLAN環境でもファイル共有などでも力を発揮している。この辺はとても素晴らしい実装をしているのだが、一般人の99%くらいは『MTU設定できねー使えねー』とかいうオチで終わるんだろうなあ。MSのネットワーク担当の方に同情する。

 次。長い話だ。サーバーを物理的に移設した。場所は階段2F踊り場だ。このために屋根裏に登ってとっても固い〝屋外ケーブル〟を2本も引いてくれたk1氏に黙祷感謝。
 移設そのものはケーブルさえ済めばそれなりに問題がないのだが、(くだん)の冷却FANの騒音問題、さらに昨日の深夜にスコールが発生した際にクライアントPCが一気に45℃を超えてHDD Lifeがサイレンを鳴らしまくり。転寝(うたたね)していた目が一気に覚めた。そんな訳で初めてケースファンを購入。何やってもうるさい環境(クライアントはVista使ってる時点でGPUがうなるし、サーバーは常にゼロ戦FANが叫びを上げてる)ので、一気に超清音FANを3台購入、PC全バラして取り付けるも、サーバー用安物PCはHDDが取り付けられない事態に。とりあえず後ろに下げて1箇所だけつけて今回は凌ぐ。
 で、現在まで様子を見ているが、サーバーは階段の吹き抜けという好環境のお陰で30℃前後をキープ。クライアントはHDD負荷をかけ続けても40℃から変化なし。ていうかこのHDD、アクセスに関係なく熱いだけ? 更にネットワークを煮詰めた結果、8ポートハブ(もちろんGbE+ジャンボフレーム対応)と多量の接続ケーブルが余った(単にブラウザするだけの奴らは全部無線化)。 という訳で温度、騒音、配線とかなりスッキリとした環境になり、ついでに部屋の掃除もしたところで、先日までのVistaチェックとは打って変わって物凄いクリーンな部屋で作業している。なんかホテルで寝付けないのと同じような感じだ。

 次。すげー長いよ。ケースFAN買う横で、GW価格でReadyBoost対応の2GB USBメモリを売ってた。2GBで5k円切る時代なのか。USBメモリは何れにせよ欲しかったところなので購入そしてテスト。うーん。早くなったにはなった。これは、Vistaマシンでの起動がXPマシンくらいになった程度かな? 悪くはないので邪魔にならないところに刺しっぱなしにしておく。またお金に余裕があったらもう一本くらいあってもいいくらいだ。USBメモリとしても使えるし。

 また余談。USBメモリ関係と言うことで一つ。2003 Server導入の際に内臓の3COMのLANカードドライバがどこにもないことに気づいた。確か前回入れたときはネットを周りまくり、最後にはどこかのOEMサイトのドライバ落としてINF書き換えして入れた記憶が蘇り戦慄した。もはやどこを探していいか記憶も定かではないし、しかも多数のページの情報を合わせこんで出来上がったドライバなのでまず出来上がらないだろうと考えて泣きそうになった。
 泣いてても仕方ないので、クライアントPCでかつての地獄を味わおうとして、USBメモリを刺したら、そこに必要なドライバは全部退避してあった!! エラい!! なんでUSBメモリかっていうと、HDDではサーバーが動くまで読み込めないし、CD-ROM系に入れるにはサイズが小さすぎるし、捨てられる可能性が高い。そう考えるとUSBメモリはベストなチョイスだったから入れたんだった!! と今更ながらに自分を褒めてしまった。自分を褒めるのは大事だぞ。自分を褒められない奴に他人を褒めることは出来ない。脱線。被害総額2億5千万相当。

 ラスト。新PC。
 今回のGWの顛末を振り返ってみた。なにやらCPUやらメモリやらHDD、挙句にはGPUカードまで多数転がっている。調査した結果、マザーとケースがあるだけでもう一台PCが組めることが判明。どうせ下層ラインナップなんで、値下がりしてるのをネットで安価購入。
 これでXP別作業PCが出来そう。実際これが出来ちゃうと殆どVistaへの敷居の高さがなくなってしまうって言うか、既にVistaに慣れてしまってXP使いづれぇーとか思ってる私は超環境順応型フェティズム持ちなのか単なる新しモノ好きなのかそれとも全部か。そうか、全部か。なるほど。
 という訳でまた3GクラスのビッミョーなPCが組みあがる予定です。コレで家にあるPCは6台?(隣家含)。 大所帯だけど稼働率は2台だけ限りなく高いだけだ。
 こっちのPCが出来たら今のPCとネイティブIPv4(って普通か)と、4to6と、ネイティブIPv6を試してみようと思う。

 ……なんか、仕事の自宅作業をロックされたらされたで別作業に従事してる気がする。まあモニタみてないだけ疲労度は全然違うからいいんだけど。

コメント

このブログの人気の投稿

カスタムメイド3D2用プラグインを作りました

VyOS 1.1.1とSoftEther VPN Serverで自宅VPN最速設定

プロバイダをオープンサーキットからIIJへ変更