VistaのFTPにハマる

 昨日が快晴で、サブPCのHDD46℃を超え、ピーピー唸ったので両フタを開けてギリギリ対処、メインPCも40度超は当たり前の状態。これはまずいと高速FANをダブルで購入。
 その甲斐あってか、サブPCのHDDは35℃前後まで落ちてきた。問題はメインPCだ。
ケースがオールメッシュなので吹いても吹いても冷えないらしい。お陰で風量UPにも関わらず温度は1~2℃しか下がらない。仕方ないので明日はシールヒートシンクをもう一個買ってきてみることにする。シールヒートシンクはシールのくせに貼るだけで冷えるという代物だ。一個700円オーバーなので躊躇したが、つけた方のHDDは2℃確実に下がってる。んじゃもう一個買ってつけてみるか。
 ところで、それよりも大問題発生。Vistaをサーバーとして運営して一息と思ったら、IISのFTPに重大な欠陥を発見。帯域を思いっきり絞られている。理由は不明だが、サーバーPCじゃないから絞っているのだろうか。そもそも、IISのFTP自体がかなり扱いがひどい。IISは7なのにFTPだけ6のまま。設定も過去のものを使えと来てる。やる気なし丸見え。VistaではIPv6が全対応です!! と謳っておいてFTPはIPv6対応してません。もちろん追加機能もありません。お陰で無駄な調査時間を取られた。
 そんな訳で、FTPサーバーを急遽探すことになったんだけど、なかなかいいものが見つからない。どうも雷電FTPというのがよさそうなんだが使ってみるとまともに動かない。
 入門サイトがあったので、もう少し粘ってみてダメならあきらめる。
TinyFTPとかその辺があったはずだ。そもそもFTPは外出し用に考えているんだからウザい処理は一切いらないのだ。IPv6も不要。ただ、PASVを対応して欲しい。そのためだけにIISのFTPを使っていたくらいだ。で、雷電FTPはシェアウェアでその辺もUPnP対応で見つけてくれた。性能的には十分っぽいがGUIのセンスが悪すぎな上に、設定項目がマニアックすぎて通用しない。もう少し普通の文章を書けっての。日本語版入れてるのにエラーが出たら英語だしな。そんな訳で遅いFTPは厭なので、雷電FTPを頑張ってみます。ちゃんと動けば金払うからしっかり動いてくれよもー。

コメント

このブログの人気の投稿

カスタムメイド3D2用プラグインを作りました

VyOS 1.1.1とSoftEther VPN Serverで自宅VPN最速設定

プロバイダをオープンサーキットからIIJへ変更