Windows Vista 5

 いよいよ安定環境に入り、思ったよりもカーネルが手堅く作られている事が分かった。これならばOSそのものは信用していいだろう。今残っている問題はシャットダウンしない事と突然リセットがかかる問題、たまにマザーボード内臓NICを認識しない事があることだけである(ダメじゃん)。
 シャットダウンしない問題、というかシャットダウンそのものは彼方此方(あちこち)で叩かれているので早めに手を打ってくるだろう。問題は、突然のリブートである。ブルースクリーンすらならず、当然のようにリセットがかかる。正直かなり厄介だ。
 この手のトラブルは大抵二種類に分けられる。一つ目はハードウェアそのもの。特にCPU/GPU/メモリ/マザー/電源、これらの何れかに起こりうる。

メモリ;
 メモリは永久保障付きのモノを購入し、かつmemtestで散々回しまくったから基本的に問題ない。ただし今まで使用していたものではなく、ほぼ同時期に切り替えた。
CPU;
 CPUも変えたばかりである。が、多数の演算耐久テストでも不具合はない。
GPU;
 新規に変えたモデルである。現在GPUに対する耐久テスト的なモノは存在するが、正常に作動しない。よってこのデバイスは未知数であるが、一つ前の世代なので、相性問題以外はありえないと思っている。
マザー;
 これだけは唯一一切手を入れてない。XPでは大変良好な安定度を示しており、ハードウェアとしては問題ないとする。
電源;
 今まで400Wのファンレスを使用していたのだが、どうもGPUと400GB HDDが予想以上に電力を食っていそうで、この可能性を疑った。そして、サーバーの電源と入れ替える事で450Wになり、安心して起動した矢先にリセットがかかった。少なくとも電源ではないだろう―――。

 するとやはり次の可能性となる。それはソフトウェアだ。それもブルースクリーンすら出さずに再起動をさせてしまう程のコアな位置での不具合。そんなものは存在するのか。
 考えてみると一つだけ思い当たる。GPUのWDDMドライバだ。しかもOSカーネル側の。
 2chのVista報告スレを調査したところ画面が死んでもOS本体が生きているケースを発見。
この場合は、Vistaから導入された、カーネル外ドライバの死亡だろう。
 さらに2chでVistaでGeForce最適ドライバを探すスレを発見。なんと、Vista発売より前のドライバになる。よって、自分でアンインストールして再起動をかけると自動で自前のドライバを入れてしまう。これを強引に古いドライバに入れ替える。その後1度のリセットを確認。

 当たりをつけるとやはりGPUドライバしか浮かばない。nVidiaの負荷耐久テストを実施し、2日置いてみたところ、GPUによるハングアップを発見。しかし珍しいもので、3Dエンジン側が死んだまま表示されているものの、OSによる表示の部分に乱れはなく、かつ快適に動作している。
 この当たりから探ると、どうも二箇所の問題を抱えていそうだ。

1.GPUのドライバの完成度が限りなく低い
2.PnPの発見シーケンスが甘い(最初からついているUSBとか見逃したりする)

 こればっかりは慎重にバージョンアップを待つしかない。しかし、Vistaは快適である。
 特にネットワーク周りとx64化で足回りがかなり軽い。ファイルコピーやネットワークのスループットがXP(x86)より遥かに軽快感を与える。さらに、I/Oの仮想化も順調なのでついついスペック以上の処理をさせてしまう。表側のスレッドの反応が鈍くなった頃やっと限界を感じる。雰囲気としては、ブラウザ操作をしてて、接続できないサーバーに出くわしたような感触だ。それぞれがスレッダブルに動いて仮想化されてるため、1アプリが止まっていてもさして気にならない。
 嬉しいが、コレに慣れてしまうと、余計に原因が掴めなくなってきそうだ。また、アホが増えそうである(MACのように)。
 ちなみに、ネットワークの軽さを示す表現だが、OS起動時にXP,Vista共にfoobar2000を起動してみた。
 どちらも起動するが、XPは完全起動後にリストから再生が始まるのに対して、Vistaでは開いた時には既に音が鳴っている状態である。
 Vistaの起動そのものが遅いのかも知れないが、体感的には圧倒的な差として現れているのは確かだ。
 もし、今PCを買うならメーカーモノでVistaというのは(あなが)ち悪い選択でもないと思えるようになった。
ただし、ノートならメモリを最低1GB+ReadyBoost、デスクトップなら2GBを導入する事は大前提となる。512MBは笑える事態しか招かない。
 既になじみつつあるVistaは、自分の中ではWindows2000の初期の感触に似ている。そして、重さについては、2000→XP時程度の差を感じる。
 それ以外はアプリの対応問題だろう。実際、ウィルスバスターですら、32bitで入れさせるくらいだから真面目に作っているソフト会社なら大丈夫だろう。

コメント

このブログの人気の投稿

カスタムメイド3D2用プラグインを作りました

VyOS 1.1.1とSoftEther VPN Serverで自宅VPN最速設定

プロバイダをオープンサーキットからIIJへ変更