NTTフレッツ光ネクストファミリーエクスプレスでMTUによる問題

エクスプレスは通常の100Mbpsと違って、内部LAN内での速度と同一になる。
このせいで、FTPやらWebやらが却って遅くなる事態が発覚した。

まー俗に言うMTU設定って奴ですが、これでMTUを1454なんかに絞ってしまうと内部LANで使っているジャンボフレームなんかが一切無効になって今度は内部LANが遅くなってしまう。

そこで目をつけたのがIPv6。Windows 2008 Server R2とWindows7で組まれたLANではほとんどのサービスがIPv6優先で行われている。つまり、IPv6のMTUが9000であればIPv4は1454とかでも全く構わないのだ。

そんな訳で、下にコマンドを載せておく。レジストリなんかでいじるよりこっちの方が遥かにスマートで安全でおすすめだ。

netsh interface ipv4 set subinterface "LAN" mtu=1448 store=persistent

LANの部分は対応する接続を書く。デフォルトでは『ローカルエリア 接続』とかになってるはず。

コメント

このブログの人気の投稿

カスタムメイド3D2用プラグインを作りました

VyOS 1.1.1とSoftEther VPN Serverで自宅VPN最速設定

プロバイダをオープンサーキットからIIJへ変更