投稿

5月, 2013の投稿を表示しています

Windows Server 2012&Windows 8 ProでSMB3.0 マルチチャネル構成 (2)

イメージ
SMB3.0 マルチチャネルで転送速度倍加計画(その2) 前回の記事からNICを新たに追加して4chマルチチャネル構成にしてみた。前回はLLMNRを使用した名前解決を採っていたが、これだとパブリックネットワークでネットワーク探索を有効にしないとならなかったのでセキュリティ的に問題があった。今回はDHCPとDNSを導入してマルチホーム構成を作成してみた。どうやら名前解決さえできれば同一PCのNICであると自動認識してくれるようだ。 4NIC マルチチャネル構成 4NIC構成の前にテストでマザーボード内臓のRTL8111Fを用いた3チャネル接続を試してみた。この蟹チップはRSS(Receive Side Scaling)に対応しておりマルチチャネルの必要条件を満たしていたが、稼働させてみたらRSS未対応の扱いとなり、マルチチャンネル構成に参加出来なかった。理由は判らないが、蟹のドライバーかWindows 8の問題かどちらかだろう。NICに関してはINTELの性能・安定性はピカイチなのは揺るがないようだ。
PowerShellにて確認してみた。今回の構成はサーバー側にEBとPT、クライアント側にETとI350-T2の構成だ。図のように4つのIPが接続されている。何故かClient RSS CapableがFalseに変更されている。インターフェース的にはRSSがONであると認識しているようなので4コネクション / NICの分散設定は4つ以上では無効になっているのかもしれない。
ファイル共有のコピー速度 ケーブルを4つとも接続してみると即座にセッションが張られる。今回はDHCP + DNS構成のためネットワーク探索の時間を待つ必要もなかった。順調に自動構成されているようだ。
次に実際のファイルコピーをしてみたが転送速度が僅かに上がったのみだった。既に仮想ストレージの転送限界かと思い、RAMDISK同士のコピーを行なってみた。図がその状況なのだがそれにしてもスループットが悪すぎる。RAM to RAMなのでネットワークの帯域のみがボトルネックになるはずなのだが想像以上に伸びていない。RSSがOFFにされているからだろうか。この辺は追って調査してみたい。RSSがOFFになっている理由はCPUコア数による気がする。となると4NICを活かすには最大16コア必要になるのかもしれな…

Windows Server 2012&Windows 8 ProでSMB3.0 マルチチャネル構成

イメージ
SMB3.0 マルチチャネルで転送速度倍加計画 Windows Server 2012とWindows 8はファイル共有(CIFS)のバージョンが3.0になった。これでファイル共有のスループットが上げられるかもしれないというユメのような話。いや夢じゃないんデスが。資料や記事などを色々探したのだがいいものが見つからず結局自分でテストして見ることになった。その結果をまとめとして置いておく。 マルチチャネルを構成する SMB3.0 マルチチャネルを有効にするには画像のような物理構成が必要になる。ぶっちゃけ10GbE NICなんて持ってないのでこの図の場合一番右のケースが現実的な解となる。現在のNICはサーバー側にIntel EB、クライアント側にIntel I350-T2を使っている。詳細は省くがどちらも2ポートを標準装備しているので、スイッチングハブを1つ追加するだけで図のような構成は可能になる。現在はサーバー側をWindows Server 2012のNICチーミング機能(LBFO)を使用し、クライアント側は普通にDHCP接続×2となっている。ここに新たなスイッチングハブを追加して図のような構成にする。 ネットワーク構成 現在の構成 PCIPアドレスWindows Server 2012192.168.1.2×2(NICチーミング)Windows 8 Pro192.168.1.27(DHCP取得)192.168.1.32(DHCP取得) マルチチャネル構成 PCIPアドレスWindows Server 2012192.168.1.2(静的設定)192.168.10.2(静的設定)Windows 8 Pro192.168.1.32(DHCP取得)192.168.10.10(静的設定)

ぶっちゃけサーバーのチーミング機能は役に立ってないので解除する。知っている人は知っていると思うが、一般的なNIC二枚を使ったチーミングではスループットは上がらない。表記こそ2.0Gbpsとなるが実際には1.0Gbpsのままである。よくブログで作成だけして満足している記事が多いので騙されてはいけない。図で解るように『イーサネット2』を新規スイッチングハブに接続、192.168.10.x側とした。こちらのネットワークはルーターには繋がっていないためパブリック接続になる。
実効テスト:スルー…